腰痛体操 基礎の基礎シゲザップ編2

シェアする

今週もシゲザップ腰痛編のトレーニングをしてきました。滋井さんに言わせると、トレーニング以前の基礎の基礎ということで、僕がヒーヒー言っていって頑張っているのを、楽しそうに見ているのが悔しかったりします(笑)

まずは、先週の復習。ストレッチポールを使って足をほぐして、上向に寝て、横隔膜、背中の曲がりを意識しながらの腹式呼吸の練習。そして新しいレッスンです。

スポンサーリンク
腰痛体操 基礎の基礎シゲザップ編2
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

腰背中のラインを真っ直ぐにする

僕の駄目なポジション1

DSC07714
背中の棒を乗せ、棒と背中を真っ直ぐにします。この写真は僕の、最初のポジションを再現してもらいました。

僕の駄目なポジション2

DSC07715
実際に棒と背中(腰)の隙間を埋めようと身体を動かすと、僕はこのようになります。これでは駄目ということで

シゲザップ正しいポジション

DSC07713
正常のポジションはこれ。全然出来ません。背中と棒を離さないようにするのですが、どうしても出来ませんでした。そもそも、背骨って動かせるの? 動かせるそうです。アウターではなくインナーマッスで動かせるそうです

この時一生懸命動かそうとすると、全身に力が入ってしまいます。これを代償動作というそうです。不必要なところに力が入ってしまうことのようです

不要なところに力が入って、必要なところで力が入らない。まるで、いままでの僕の人生、全てに当てはまるような気がしました。力を抜く。簡単なようで難しいです。難しいと感じるから難しいのか。。。

魔人ブーのポーズ

DSC07718
これを僕は、魔人ブーのポーズと名づけました。身体を横にして、真っ直ぐ伸ばす。身体は、壁につける。そして、息をたくさん吐いて、停めて、横隔膜を意識して、呼吸する。汗が滴り落ちます。左よりも右を下にしたほうがやりやすかったです。人間とはそういうものらしい。近い将来的には、壁なしできるようになる。

骨盤を起こして大腿四頭筋を伸ばす

DSC07719

DSC07720
骨盤を起こして、背中はまっすぐ。この時、大腿四頭筋がものすごく痛い。大腿四頭筋が、緊張しているということらしい。さらに、呼吸。痛くて痛くて仕方がない。緊張しすぎなんだろうな。腸腰筋も痛くなったので、ここにも効いているのかな。

シゲザップ腰痛対策二回目。楽しかったです。每日少しずつ復習をしていくこと。おじさんでもやれば出来るんです。きっと。僕のレベルで更に上を目指します。


僕がやらねば誰がやる。キャシャーンだ 2016.01.18