国内鉄人レース(アイアンマン)大会まとめ

シェアする

残念ながら、2017年の第33回全日本トライアスロン宮古島大会の選考から漏れてしまいました。大きな目標を失ってしまいました。当然、選考されると思っていたので。

そこで、宮古島以外の大会を探さなくてはなりませんし、今後のために、日本国内のアイアンマンレースの情報をまとめておきます。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

国内のレース

全日本トライアスロン宮古島大会

2017年大会のエントリーは終了。10月頃申し込み開始のようです。
2017年4月23日(日)開催

五島長崎国際トライアスロン大会

2017年大会のエントリー終了。12月ごろエントリー開始
2017年6月11日開催

全日本トライアスロン皆生大会

鳥取県米子市で行われる大会公式サイトです。

皆生。かいけ と読む
7月開催。2017年の予定はまだわからない? エントリーは始まっていない。たぶん2017年7月17日日曜日。49歳ギリギリで挑戦になる
水泳3㎞、自転車140㎞、マラソン42.195㎞
日本最初のトライアスロン大会が開催された
エントリー時期2月20日頃からのようだ。これが、来年の目標になるか。開催月が7月ということで、相当に暑いはず。シーガイアトライアスロンと時期的にかぶってしまうが、仕方ないか。

アイアンマン ジャパン 北海道

2016年から休止中。今後要注目

佐渡国際トライアスロン大会

開催時期 9月頃
エントリー3月上旬~
スイム3.8km、バイク190km、ラン42.2km、計236km

どのレースに参加するか。参加できるか

2016年は、ショートからミドルに挑戦した。2017年は、ロングに挑戦する歳と決めていた。節目の50歳にもなるしね

どの大会に出るか。でられるか。皆生と佐渡しかないから、どちらもエントリーする。選考されるつもりで、トレーニングをする。計画をたてなくてはいけない。2016.12.25

スポンサーリンク

シェアする

フォローする