限界は脳が決めている。自分が決めている(ランクリニック4回目)

シェアする

ランクリニック。苦しい。ランクリニックの日は、一日憂鬱だ。6時ぐらいに到着。散歩。6時半からストレッチ。1周散歩とジョギング。そして、500m×10本。

だいたい500mが2分3秒-10秒の間だった。苦しい。でも、前回より2本増えたが、前回より苦しくなかった。イメージできたから。コーチはそう言っていた。確かに。

前回とは違って、力を抜いて走れたし、ゴールが見えたのでペース配分ができる。


息が上がっている中、コーチが言っていた。先週から大幅に筋力等能力が上がっていないにもかからわず、ペースが上がったのは、イメージできたから

限界は自分が作り出している。脳が勝手に判断している。ゼーゼー言いながらコーチの話を聞く。一回りも下のコーチから、人生について聞いているようだった。

ぶち超えるんだ。いろんな事を。走ったあとは爽快だった。そしてやってくる筋肉痛。

来週、やっぱり、ランクリニックの前は憂鬱なんだろうな(苦笑) 2017.01.31

スポンサーリンク