初めてビンディングペダル・シューズを購入した。乗ってみた

シェアする

大阪城トライアスロンが参加が決まり、参加するなら、ゴールしたい。そう思う。ただ、制限時間が厳しい。スイム1.5キロ45分、バイク終了まで2時間30分、ラン終了まで3時間40分。

スポンサーリンク
初めてビンディングペダル・シューズを購入した。乗ってみた
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

最速を叩き出すには

今まで同距離で、一番早かったのが、昨年のシーガイアトライアスロン。

第18回宮崎シーガイアトライアスロン大会完走しました
第18回宮崎シーガイアトライアスロン大会完走しました。前日、かなり酒を呑んでしまい、海では途中棄権が頭に浮かびましたが、なんとか、制限時間内...

スイム1時間10分、バイク1時間32分、ラン1時間8分。トータルで4時間1分。スイムは、現在特訓中。焦らずに、パニクらずに、淡々と泳げば、出来るはず。かなり厳しいけど

バイク。これは、ほとんど練習していないが、一つ速くなれるとしたらビンディングペダルを使うこと。ということで、大阪でのレンタルバイク屋さんに確認すると、レンタルバイクにも、ビンディングペダル装着できるとのこと。

​​

  • シマノ SPD-SL
  • シマノMTB
  • 2種類あるとか。一体違いは何なんだ?

    まず、ビンディングペダルとは何か

    通常のママチャリ。もちろんペダルがついていますよね。靴とペダルは、固定されていません。自転車を進めるためには、脚でプッシュしてペダルを押す必要があリます。

    ビンディングペダルは、ペダルと靴が固定されて、ペダルを漕ぐときに、靴とペダルが離れることはありません。押すことに加え、引くときにも自転車に力を加えることが出来る。これって凄い。

    そのビンディングペダルに、2種類ある。
    SPDとSPD-SL。

    spdは、マウンテンバイクに向けて開発されたペダル。ペダルと靴の着脱が簡単。

    spd-slは、ロードバイクに最適なペダル。ペダルと靴の着脱は、spdよりも外しにくい模様。でも、僕は、これを購入することに決めた。

    靴の試着がしたい

    靴って大切ですよね。僕の足は横広なので、実際はいてみないと、痛みとかがわからない。ということで、実際に試着できるお店を探す

    南宮崎のサイクルベースあさひ南宮崎店に電話で聞くと試着できるという。


    実際いって、試着して、お店の人にビンディングペダルを、自分のクロスバイクに付けてもらった。自宅に帰って、自宅前で、実際ペダルと靴を履いて乗ってみると見事にコケた。

    結構はめるのにも外すのにも力がかかることがわかった。今度の週末にでも、大淀川の堤防で練習するつもりだ。


    ビンディングシューズは、実際履いてみて、指先は余裕がある。左右は圧迫感はない、足先が痺れないだろうやつを購入。シマノSH-RP300MLEワイドブラック26.5センチ15800円


    靴の裏は、こんな感じ。
    靴の裏に、クリートと呼ばれる、ペダルと靴を接地する器具がついている。これは別売りもあるが、ペダルを購入したので、それに付属してた。ペダルは、シマノPD-R550ブラック7580円。

    工賃は、1512円。20分ほどで完了した。練習をしてみたい。これで、完走する。2017.03.26

    2017.04.02乗っみた。練習した

    息子のソフトテニスの練習が、西都市運動公園テニスコートでありました。そこまでゆっくりジョギング。3時間ちょっとかかった。
    お昼休み。車に乗せていたクロスバイクを出して、ビンディングペダルシューズを履いての初めての練習。

    最初ははめるのも外すのもなかなかできなかったが、徐々に出来るようにはなったが、もっと練習が必要ですね。今週末にでも、綾まで自転車で行こうかな。それとも、スタンダードのトライアスロンの通し練習をするか。

    どちらにせよ、もっと練習します。

    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする