全日本トライアスロン宮古島大会について考える

シェアする

今年の全日本トライアスロン宮古島大会は、もうすでに4月に終わっていたんですね。来年、そのレースに参加したい。きっと。相当に苦しい死ぬな。でも、やらないと、次に行けない。でも、怖いなーと思う、やめようかなとも正直思う

ということで、来年参加するという前提で、宮古島大会について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

2019年の開催日

2018年が4月22日。3週目の日曜日。ということで、2019年は4月21日かなと思う

受付・選考基準

2018年大会は10月2日からインターネットもしくは郵送による申し込み。

選考基準による抽選とのこと。

選考基準とは? とにかく、今年のシーガイアトライアスロンでは、今まで最速を目指すこと。

選考結果発表

先行結果発表が2018年12月下旬。一昨年はここで漏れていた。。。

距離

スイム3キロ 1時間50分 関門1.7キロ8時
バイク157キロ 15時20分 関門130キロ 14時20分
ラン42.195キロ 20時30分 関門

これ、現状では絶対的に体力が足りていない
体力アップ。筋力アップ、柔軟をして、スイム、バイクの練習が必要。
特に、スイム3キロは、ちょっと、現状レベルでは無理

参加費

40000円

アクセス・宿泊

バイクをどうするか?

宮古島の飲み屋情報

宮古島に漏れた場合、次に狙うロング・ミドル大会について

今後のトレーニング

スイム

バイク

ラン

筋力アップ柔軟ストレッチ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする