第20回宮崎シーガイアトライアスロン大会2018完走しました

シェアする

第20回宮崎シーガイアトライアスロン大会2018完走しました。波が高くて、結構スイムが大変でしたが、バイク、ランは、順調にゆっくり走ることが出来ました。さらに、練習を積んで、次のステージに行きたいと思います。

スポンサーリンク
第20回宮崎シーガイアトライアスロン大会2018完走しました
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

大会概要

みやざき臨海公園
  • 会場 サンビーチ一ツ葉北ビーチ・宮崎臨海公園・一ツ葉有料道路一帯
  • 時間 50歳以上 スイム9時15分スタート
  • 参加費 17000 円、手数料850 円
  • 参加競技 オリンピックディスタンス(スタンダードコース)
  • 記録 3:29:30 トータル(位)  スイム45:31() バイク1:37:53  ラン0:55:55
  • 天気 雨&曇り
  • 駐車場

    昨年の情報に従って、自宅を6時33分に出発。7時前に、サンマリーナ近くの無料駐車場に車を停める。この時間ならこの駐車場に停めることが出来る。

    有料はすでにこの時間埋まっていたので、有料に停めたいのなら、もう少し早く自宅を出発する必要がある。

    トランジッション&荷物置き

    IMG_2785.JPG

    IMG_2782.JPG

    IMG_2781.JPG
    昔は、トランジッションって、もっとチェックが厳しかったと思うのですが、今年は更にチェックが甘くなっていました。

    試泳

    IMG_2792.JPG
    トライアスロン初期の頃、スイムが怖くて、水が怖くて、試泳はあんまりしていなかったです。でも、今でも怖いから、試泳は積極的にします。試泳前に、大会参加者と記念撮影です。

    IMG_2807.JPG
    さあ、もうすぐ、スプリント、スタンダード開始です。

    スプリント開始

    スタンダード開始

    波は、いままでのシーガイアトライアスロンの中で一番高かったんじゃないでしょうか? 結構流されました。あと、途中、足がつくところがあってびっくりしました。

    スイムに関しては4,5回足が攣りました。やはり、人と接触するのが怖くて、人の気配を感じたら急に立ち泳ぎになる。その際に足を攣るパターンでしたね。

    実際人と接触しても、足で蹴られるわけでもなく、そう怖くないはず。だから、気にせず泳ぐ。そういう姿勢を続けない限り、足は攣るのかなと思いました。

    もっともっと練習しないといけないと再認識しました。

    スプリントスイム終了

    スタンダードスイム終了

    松田丈志さんのスイムは圧倒的だったそうです。

    スイムからトランジッションへ。後ろをホリエモンが走っています。

    スタンダードバイク

    バイクスタート。トランジッションエリアで、時間がかかりすぎ。ここでホリエモンに離されてしまった。

    スプリントラン

    S田さん走る走る。

    S山さん、フィニッシュ直前

    Sらさん、フィニッシュ直前

    S田さん、フィニッシュ直前

    スタンダードバイクフィニッシュ

    今回バイクは、そこまで限界までは踏まなかった。でも、自転車で、相当に抜かれた。練習していないし、バイクの性能もあるのかな。今回もレンタルバイクで参戦しました。

    今回このフィニッシュ場面、みなさんが応援してくれているのが嬉しかったです。

    スタンダードラン

    軽快、速いって言ってくれていますが、確かにタイム的には速かったかも。曇で走りやすかったというのもあるけどね。

    5キロ地点。ここで、結構力尽きてきた感じ

    ランフィニッシュ。疲れていたけど、結構いい感じで走ることが出来ました。

    フィニッシュ後

    IMG_2884.JPG

    IMG_2881.JPG

    IMG_2870.JPG

    IMG_2865.JPG

    フィニッシュ後。みんなと記念撮影をして、大会終わり。カレーを買って、自宅で食べました。美味しかったです。

    第20回宮崎シーガイアトライアスロン大会2018まとめ

    応援されるのは嬉しい
    スイムの練習をもっとしないと、ロングでは戦えない
    バイクをなんとかしなくては、ロングでは戦えない
    ランをなんとかしなければ、ロングでは戦えない
    トライスーツ上下別バージョンを購入する
    トランジッションエリアでの時間を短くする
    強い意志を持って、練習の取り組む
    特にスイムは3キロを泳がなければならないのもっと水泳タイムを増やさないといけない
    県外のレースに行くためには、仕事の結果を今年中に出さないと、来年、ロングには挑戦できない。

    そんなところでしょうか?2018.07.9朝

    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする