サハラマラソンを完走したいな。でも怖いというのも正直ある。

シェアする

最近、サハラマラソンに出たいという気持ちがもたげてきた。このまま、なんとなく生きているのにも飽きたし、先日のウルトラマラソン完走できたので、次のチャレンジを求めているのかも。。。

でも、サハラマラソン、怖いな、そして、金が無いな、とも思う。でもでも、参加したら、参加できたら、なんか、自分が少しは変われるのかも。そんな期待もある

参加するなら2年後の春か。それまでに、金を用意し、体を鍛えればOK。とりあえず、金は来年の3月までに揃えたい

そのために、まずは仕事だよね。あと、生活習慣。マインド。これを、サハラマラソンにロックオンだ(でもまだ迷い中)

まずは、情報を集めることから

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

サハラマラソンとは?

“世界で最も過酷なマラソン”と言われるサハラマラソン(パリ集合解散)は、北アフリカ・モロッコ南部のサハラ砂漠で開催される。

来年2020年に開催されるサハラマラソンについてまとめてみようと思う

  • 日程 2020年4月3日から13日
  • 参加人数 全世界から13000名。先着順。キャンセル待ちも有り
  • エントリー締め切り 2019.09.30
  • エントリー AOIで申し込む(AOIってなんだ?)
  • 日本事務局 国境なきランナーズ
  • 参加料 [個人エントリー]● 3,740ユーロ(チャーター便込み)・約46万円ほどか。。。
  • 距離期間 6ステージ7日間:約250km
  • 持ち物 レース中の食糧(1日最低2000キロカロリー分)、コンパス、シグナル用の鏡、警告用の笛、寝袋とアルミ製のサバイバルシート、毒抽出用のスネークポンプ 消毒剤、寝袋 ほか

日本語の手引書

サハラマラソンは灼熱のサハラ砂漠を6ステージで約230Kmを走破する砂漠地帯では最初のネーチャーレースです。水以外の衣・食・住をバックパックに背負ってゴールを目指します。

国境なきランナーズで、

フランス語や英語が苦手な方でもエントリーしていただける様、「日本語の手引書」(過去の大会のものとなります)を用意しております。

とのことでしたので、希望してみようと思います。2019.05.22、

日本からパリまでの移動方法

パリモロッコ間の移動は、エントリーに含まれているため問題ないですが、日本からパリまでの移動は、自分でしなくちゃいけないのか。ツアーがあるのか。ネットで調べているが、答えはまだわからない。

東京からパリに飛行機で最安で行くにはどれに乗ればいいのか
格安ツアーとかあるのか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする