走り方の練習。自己ベスト(ランクリニック15回目)

シェアする

まずは準備体操をして、1周2キロを軽くラン。でも樋口さんと走ると早くなっちゃうんだよなー

スポンサーリンク
走り方の練習。自己ベスト(ランクリニック15回目)
この記事をお届けした
はじめてのトライアスロン入門 初心者でも完走できる♪の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

走り方

14672715_1207147496019573_1736723669_o

14699537_1207147976019525_536970446_o
その後、走り方の復習。ランクリニックが始まった当初、走り方を習ったけど、どうにもしっくり来なかった。でも、今回習って、最初の頃よりも、しっくりとフォームを意識できたようなきがする

  • 足を下ろす時、後ろに引っかかない。不必要な力が加わっているから、脚が上がったら、その脚は、下ろすだけ
  • スピードを上げるときは、体を前傾姿勢にする
  • 脚は体より後ろにある
  • 股関節の屈曲を意識する
  • 言われたのはこれぐらいかなー。なんだか、今までの走りよりも、飛んで走っているような感じ。若い走りとでもいうのかな。以前よりもすくっと立ったような感じの走りになりました。

    そのあと、2キロラン。9割ぐらいの走りでいいと言われましたが、スタートダッシュがよくて、最初の1キロは4分30秒。2キロで9分5秒だったかな。1周だったけど、自己新が出ました。写真は、ユニバーサフフィールドのTさんに撮ってもらいました。2016.010.13